倉庫への薬学生の就職

倉庫への薬学生の就職

倉庫への薬学生の就職は需要が増えてきているとともに、就職人気も高まっているジャンルです。倉庫と薬剤師とは一見つながりがないように見えますが、とても重要な業務と言えます。

倉庫での薬剤師の主な業務は、医薬品の管理です。大手ドラッグストアは商品を一括大型倉庫で保管していることもあり、その検品や管理には薬剤師が欠かせません。必要に応じてラベルの貼付を行ったり、商品入れ替えの際に混入や間違いが生じないかのチェックを行ったりします。こうした仕事は地道な作業なので、こつこつと仕事をしたい、という人に向いていると言えるでしょう。また、人と向き合う接客がないので、接客業が苦手、という人にも良い環境です。

また、最近では特定の医薬品をインターネット販売することができるようになり、この分野での需要がますます高くなると考えられています。ネット販売の場合は、倉庫から直接物流に載せて自宅やオフィスまで届けるので、倉庫での作業の重要性が増してきます。医薬品という取扱商品の性質上、万が一にも発送ミスが生じないようにしなければなりません。そのためにも薬剤師が商品をしっかりと管理しておくことは、このサービスにおいて要と言えます。そのため、倉庫への薬学生の就職事情は、これからさらに良くなっていくと見られます。こうした倉庫業務においては、派遣やアルバイトが多いため、始業時にはしっかりとした指導が必要です。そうした研修や指導の一部を薬剤師が行う会社もあるので、分かりやすい説明をできるように、日頃からコミュニケーション能力を磨いていきたいものです。

倉庫への薬学生の就職において注意すべき点は、会社によって大きな違いがあるので、事前にしっかりと情報収集をしておく、ということです。取り扱う品目によって管理業務にも違いが生じてきます。例えば、ドラッグストア企業の倉庫であれば常温庫がメインですが、卸売りを行う薬品メーカーでは低温庫などの保管も多いので、管理作業が少し複雑になります。また、医薬品だけでなく医療機器を一緒に保管する倉庫も多いので、そうした知識も必要になるかどうかの確認も後々役立つでしょう。

さらに、医薬品類の管理だけを行う、ということは余程大規模な倉庫でしかないので、通常は商品の発注や、その他の事務仕事も兼務することが多くなります。そのため、どんな業務が求められているのかをしっかり把握しておくと良いでしょう。このように、倉庫への薬学生の就職を考えているなら、事前の求人情報チェックがカギであることを覚えておきましょう。

薬学生就職サイトランキング!口コミ1位はこのサイトだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

薬学生の大半が登録する就職サイトランキング・2位以降はコチラ>>



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬学生求人・就職ランキング【※薬学生人気1位の就職サイトの紹介】 All Rights Reserved.