製薬会社への薬学生の就職

製薬会社への薬学生の就職

数ある選択肢の中でも、人気があるのが製薬会社への薬学生の就職です。一口に製薬会社と言っても、そこで行われる業務はいくつもの分野があり、一人一人の能力や希望に応じて、部署を選ぶことができるのが特徴です。

まず、求人として一番多いのが、MRです。MRとはご存じの通り営業ですが、製薬会社の営業は他の業界とは少し異なります。単に宣伝や交渉が上手、というだけでは不十分なのです。というのも、薬を扱う当事者として、効能を始め、副作用や服薬方法など専門的な情報提供が欠かせないからです。しかも、営業を行う相手は、一般の人ではなく、薬局や病院関係者、また大学病院の教授など専門家となります。スペシャリストからの質問や要望に応えるためにも、高い知識が求められる、というわけです。そのため、MRとして働くのであれば、積極的に商品を勧めアピールする営業力はもちろん、業界の最新情報や先端医療に通じ、自社製品の良さをPRできるように、日頃から勉強する姿勢が大事です。

また、製薬会社への薬学生の就職先として多いのが、研究・開発分野です。このジャンルでは薬学生だけでなく、化学分野の大学生も多く採用しています。民間の企業として常に成果が求められますので、効率よく一定の結果を出していくことが長く成功し続けるカギです。そのためにも、地道な研究の作業を怠らないこと、柔軟な思考力を身につけること、アイディアを実行に移す実行力なども大事なポイントと言えます。就職活動の際には、学生時代にどんな研究をしていいたか、どんな成果を上げることができたか、などを積極的にアピールしましょう。というのも、この分野では、単に学歴だけでなく、研究に打ち込む姿勢やアイディア力なども採用の際に重要視されるからです。

製薬会社の中でも最近重要度が増しているのが、治験コーディネーターです。臨床試験を行うにあたって、病院に赴いて患者さんに治験対象の薬について説明し、経過を観察することが主な仕事です。また、病院関係者との連絡や、患者さんの家族に十分な説明を行うことも大事な業務です。このように、専門知識を用いるだけでなく、当事者全てとコミュニケーションを上手に図り、治験をスムーズに進めていきます。そのためにも、この分野における製薬会社への薬学生の就職の可否は、安心感を与えつつ、上手に分かりやすく説明する能力があるかどうかがカギになります。面接の際には、自信を持って、学んできたことや自分のアピールポイントを丁寧に説明するようにしましょう。そうした姿勢がそのまま仕事に反映される、と判断されるからです。

薬学生就職サイトランキング!口コミ1位はこのサイトだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

薬学生の大半が登録する就職サイトランキング・2位以降はコチラ>>



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬学生求人・就職ランキング【※薬学生人気1位の就職サイトの紹介】 All Rights Reserved.