薬学部の卒業後の年収

薬学部の卒業後の年収

薬剤師の平均年収は平成22年度統計データから約518万円(賞与含む)、平均月収約37万円、平均時給約2,124円。過去10年間をさかのぼってみても平均年収はほぼ安定して推移しています。同年の一般企業に勤めるサラリーマンの平均年収は約412万円で、民間企業においてはここ10年の間に平均年収が約50万円ダウンしています。薬剤師とサラリーマンの間には年収差約100万円の差があり、薬剤師給与に堅い安定性がうかがえます。 薬剤師は勤務先が様々あり、年収は勤務先によって異なります。主な勤務先となる調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社とも年収のスタートは400万円弱で、勤続3〜5年目ぐらいから年収500万円台にのり、その後は勤続年数や役職に就くことで変動してきます。高収入が見込まれるのは製薬会社で大手製薬会社の成果主義の営業職、優秀な研究者などでは年収800〜1,000万円、全国にチェーン展開する大手ドラッグストアの店長クラスになると年収は700万円を超える収入があるようです。

 安定・高年収を誇ってきた薬剤師職ですが、薬学部新設ラッシュによる薬剤師供給の増加で今後年収は減、国民医療費の財政圧迫で薬剤師の給与となる技術料は頭打ち状態のため年収増の見込みは薄く、登録販売者制度によりドラッグストアにおける薬剤師の必要性がなくなる、など薬学生の卒業後は厳しい状況が待っているかもしれません。 しかしながら医療の変遷や進歩、新たな分野における薬剤師の存在意義が高まってきており、厳しい状況に変わりはないもののまだまだ薬剤師ブランドは強く、努力次第では将来性が見込める社会貢献度の高い仕事です。

医療の最前線は日々進歩しており、医療従事者にはますます高度でより専門的な知識と技術が求められます。学生時代は勉学に勤しみ優秀な成績を修め、様々な体験から豊かな人間性を育てることです。 調剤をはじめ仕事のオートメーション化が進み、薬剤師の役割はチーム医療の一員としての働き、患者さんへの対応(服薬指導・お薬相談)など人との関わりの中に見出されてきているため、コミュニケーション能力は必須の素養となるでしょう。また医療の最新技術や情報を海外から収集することも多くなってきているため、薬物相互作用や薬剤の分析方法など専門分野の海外文献を読みこなす英語力も必要です。さらにボランティアの経験、漢方薬・機能性食品など幅広く見聞を持ち、プラスアルファの要素を身に付けて自分の付加価値を高めていくことが薬剤師としての勝ち残りを左右するでしょう。

薬学生就職サイトランキング!口コミ1位はこのサイトだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

薬学生の大半が登録する就職サイトランキング・2位以降はコチラ>>



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬学生求人・就職ランキング【※薬学生人気1位の就職サイトの紹介】 All Rights Reserved.