麻薬取締官への薬学生の就職

麻薬取締官への薬学生の就職

麻薬取締官への薬学生の就職は、特別司法警察員として第一線で働き、多くの人にとって憧れの職場です。厚生労働省管轄の麻薬取締官になりたくて、薬学部を専攻している人も多くいます。

薬物の撲滅を目指して、地道な教育活動を行うと共に、薬物使用者、密売などの犯罪の取り締まりなど多岐に亘る活動を行っています。その中でも、張り込みや潜入による捜査は正義感あふれる人たちにとって、憧れる仕事内容でしょう。そのため、人々をよく観察して、深い関心を抱いている人が向いていると言えます。また、捜査では何日も張り込みをするなど、とても地道な仕事を続けることになるので、タフで粘り強い心を持った人が必要とされます。なにより、社会のために、そして薬物で苦しむ人々を救うために働く、という正義感が重要です。

麻薬取締官への薬学生の就職は、他の学部からの申し込みより有利と言えます。なぜなら、扱う事柄の性質上、薬学に関する専門知識が必要とされ、薬剤師の資格を持つ人を積極的に採用しているからです。さらに、採用に至るには、国家公務員の一定以上の科目に合格していることを条件とする場合もあります。また、司法に携わる者として、法学の知識なども必要になるため、特定の分野だけでなく幅広い勉強を重ね、ポジティブにいろいろな知識や経験を積んでいく姿勢が評価されるでしょう。

基本的な採用のための試験は面接となっているので、麻薬取締官への薬学生の就職にあたっては、一番重要視したいところです。社会のために貢献したい、という熱い思いを伝え、強い志望動機があることをアピールしましょう。全国に数百人しかいない麻薬取締官ですから、強い意志の下この職をとらえたい、という気持ちを理解してもらうことが、とても大事です。また、薬学を始めとする専門知識だけでなく、捜査の第一線に入るわけですから、身体面での強さも評価されます。柔道などの格闘技やスポーツを行っていたなら、良いアピールポイントになりますので、そのことも積極的に伝えましょう。

インターネットの普及などにより、若者層にも広まりつつある薬物被害を防ぐためにも麻薬取締官の働きはますます重度が増しています。また、禁止薬物だけでなく、脱法ハーブに代表されるように、違法ではないものの危険な薬物も流通し、被害が出ています。そのような、新しいタイプの薬物を把握し、どのように危険性を訴えていくかを考えるのも、大事な業務の一つです。このように、現在起こっている犯罪を取り締まるだけでなく、将来を見据えて社会への責務を果たしていく、というやりがいのある仕事なのです。

薬学生就職サイトランキング!口コミ1位はこのサイトだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

薬学生の大半が登録する就職サイトランキング・2位以降はコチラ>>



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬学生求人・就職ランキング【※薬学生人気1位の就職サイトの紹介】 All Rights Reserved.