薬学生の実務実習

薬学生の実務実習

平成18年4月から薬学教育は、医療の高度化や医薬分業の進展という社会的背景を踏まえて4年制から6年制へと移行されました。6年制の薬学教育では、専門教科や実務実習の充実が図られ、臨床に関わる実践的能力を培うために病院及び薬局において各11週間程度の実務実習が義務付けられています。患者さん、医療従事者、薬学生の安全を充分に考慮・保障し医療の最前線で、できる限り薬学生が参加型で行うことができる実習を目指しており、現場からは実践的な知識やスキルを身に付けた即戦力となる薬剤師の輩出へ期待も高まっているようです。

 実務実習では病院や薬局で文字通り薬剤師実務の実習を行います。調剤、医薬品の管理、無菌調剤、処方箋解析、服薬指導をはじめ調剤室や医薬品管理室など病院内の見学、医薬品の血中濃度を測定し治療薬物の効果を判定するTDM(Therapeutic Drug Monitoring)、ICT(Infection Control Team)、NST(Nutrition Support Team)、PCT(Palliative Care Team)などチーム医療や在宅薬剤指導に同行するなど病院・薬局内で薬剤師の仕事を体得していきます。実習先にもよりますが研修や見学は4〜5名程度のグループを組み、病棟には一人ずつ配属され病院薬剤師とマンツーマンで実務実習に当たります。

 薬学生の実務実習では患者さんをはじめ他の医療従事者、本人の安全を確保・保障した上で行われますが、薬剤師法第19条には「薬剤師でない者は、販売又は授与の目的で調剤してはならない」と規定されており、カリキュラムとはいえ薬剤師資格のない薬学生が薬剤師と同様な調剤行為をすることは法律に違反します。そこで薬学生は実務実習前にCBT(Computer-based Testing)とOSCE(Objective Structured Clinical Examination)という薬学共用試験を受けなければなりません。 薬学共用試験は、全国の薬科大学・薬学部共通の試験で、全国の大学が共通試験を受けることによって大学間格差をなくし、実務実習を行う薬学生レベルを一定水準以上に保つことができます。また薬剤師の実務実習を行うために必要、且つ充分な知識・技能・態度が備えられていることを保証し、より参加型の実務実習を実現しています。平たく言えば自動車免許の仮免のようなものです。このCBT・OSCEに合格しなければ実務実習を受けることができない、つまり進級ができず留年となるわけですがCBT・OSCEの合格率は99%となっているため、普段からそれなりに真面目に勉強していれば合格するテストのようです。

実務実習は薬剤師になるために避けては通れない重要なプロセスのひとつです。

薬学生就職サイトランキング!口コミ1位はこのサイトだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

薬学生の大半が登録する就職サイトランキング・2位以降はコチラ>>



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬学生求人・就職ランキング【※薬学生人気1位の就職サイトの紹介】 All Rights Reserved.