一般病院/診療所への薬学生の就職

一般病院/診療所への薬学生の就職

一般病院/診療所への薬学生の就職志望理由としてトップに挙がるのは、医療従事者として活躍したい、というものです。病院において患者さんと直接向き合い、医師や看護師たちと共に治療を行えるのは、薬剤師としてやりがいのある仕事です。

以前はあまり見られませんでしたが、最近では病院や診療所に薬剤師が勤め、院内薬局の業務だけでなく、服薬管理を行うなど、患者さんの治療に直接関わることが増えてきました。そのため、一般病院/診療所への薬学生の就職事情にも変化が見られ、医療に携わる者としてより患者さんの近くで働きたい、という人がこの分野への進出を目指すようになっています。

実際の業務は病院ごとに異なりますが、医師や看護師などと一緒にカンファレンスに参加し、治療計画に加わることも見受けられます。そのため、薬を扱うプロとして積極的に自分の意見を述べられるようであるべきです。専門知識があることはもちろん、患者一人一人の状態を把握し、それに合わせた服薬管理ができること、上手にプレゼンテーションを行えるのも大事なポイントです。また、チームとして働くわけですから、コミュニケーションを上手に取り、協調性を失わず働けるようにしていきたいものです。

さらに、一般病院/診療所への薬学生の就職となると、がん患者や糖尿病などの生活習慣病患者の服薬管理や指導が多くなることでしょう。患者さんの中には実際の治療だけでなく、メンタル面でのケアを必要としている人も多くいます。患者さんと直接向き合い長い時間を過ごすわけですから、細かい気遣いをしてあげたり、相談に乗ったりして、励ましを与え精神面での支えとなれるような、優しい人柄も現場では大切になるでしょう。

選択肢も多く、医療知識の少ない一般の人には難しいのが、どの薬を用いて治療を行っていくか、ということです。医師とも相談しながら決めていくわけですが、患者さんやその家族に分かりやすく、選択肢にある薬のメリットやデメリットを説明していくのは、薬剤師の仕事となるでしょう。そのため、複雑に聞こえる薬の効果や副作用などを、誰にでも理解しやすいように説明する、という能力も大きな力となります。そのためにも、薬学生からの就職活動中に、単に難しい薬学知識を蓄えるだけでなく、プレゼンテーションスキルを磨いていくことは、一般病院/診療所への薬学生の就職に役立ちます。これから様々な変化が見られるであろう、病院における薬剤師の働きは、いかに患者さんに寄り添い、チームとして医療を効果的に行っていくかにかかっています。

薬学生就職サイトランキング!口コミ1位はこのサイトだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

薬学生の大半が登録する就職サイトランキング・2位以降はコチラ>>



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬学生求人・就職ランキング【※薬学生人気1位の就職サイトの紹介】 All Rights Reserved.