薬学生のインターン

薬学生のインターン

インターンとはいわゆる「就労経験」「職場体験」と呼ばれるもので、主に学生社会に出る真に行政機関、一般企業、商業施設などインターン制度を実施している職場へ応募し、実際の仕事を体験するシステムです。スーパーなどでインターンの学生が商品の陳列作業をやっているのをチラホラ見かけるようになり、学生のインターンは最近よく取り入れられてきた感覚があります。またインターンをキャリア教育の一貫として授業必須単位としたり、実際の職場を経験することで早い段階から学生の就業意欲を高めるねらいがあります。

インターンでは実際に興味のある職場で実務を体験し、職場の雰囲気や先輩社会人から様々なことを教わるとても良いチャンスです。インターンを通して自分が目指す薬剤師という職業をより身近にとらえることで深く理解し、薬剤師に対する自分の真意の確認、思いや熱意とも対峙するきっかけになるでしょう。インターンを経験した後は薬剤師になりたい気持ちがより強まり、国家試験や就職試験に力が入る人もいれば、自分の夢や想像とギャップが大きく悩む人もいるかもしれません。いずれにしてもインターンは社会を体験する貴重なチャンスなので、積極的に参加してみると良いでしょう。

 実際、薬学生中にインターンを経験したことがある人は約75%に上り、80%以上の人が医薬品業界のインターンシップに参加しています。ほとんどの場合、参加期間は1日で終えているようですが、業界研究や参加企業の事業内容の理解に役立つなどプラスに働く要素が多く見られます。インターンはまさに「百聞は一見にしかず」。社員の方と話したり仕事の現場を見ることでイメージが具体化し理解が深まります。  薬学部は教育体制が6年制に移行したことで実験実習の充実化が図られ、病院や薬局での実務実習が各11週間課せられています。そのため、進路を心に決めている薬学生にとってあえてインターンはやる必要がないと思われがちではありますが、幅広く多様化する薬剤師の活躍の場を知る絶好のチャンスであることは間違いありません。薬学生は実験・実習・レポートなど忙しい中にありますが、参加企業を絞り時間をやりくりするなどして積極的に参加してみましょう。

 インターンは興味のある企業に直接問い合わせたり、大学が斡旋しているプログラムに参加したり応募方法は色々ありますが、マイナビ薬剤師など薬学生の就職応援・求人サポートを行う際とでもインターン先を紹介していたり、薬学生支援のコンテンツが豊富に掲載されているので、就職サイトは賢く積極的に活用することをお勧めします。

薬学生就職サイトランキング!口コミ1位はこのサイトだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

薬学生の大半が登録する就職サイトランキング・2位以降はコチラ>>



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬学生求人・就職ランキング【※薬学生人気1位の就職サイトの紹介】 All Rights Reserved.