学校への薬学生の就職

学校への薬学生の就職

学校への薬学生の就職はとても注目されている分野です。学校に薬剤師とはあまり関係がないように思えるかもしれませんが、法令によって決められた大事な職なのです。

法令によって、大学以外の小中学校、高校などすべての学校には薬剤師を置くことになっています。主な業務内容としては、学校施設内外の衛生面での管理や、指導・教育です。校内全体の衛生を保つために、見回りを行い、改善点があれば職員に通知し、それを見守ります。また、夏の時期であればプールの衛生管理もとても大事な業務です。水質をチェックし、伝染病などのリスクがないかを確認し、適切な薬品の使用によって安全な水質を確保します。

学校での薬剤師の仕事は、教育機関に勤めるということで、人に教えたりサポートできたりすることが大切な資質です。また、教員や生徒に向けての講演や研修を行うことも多くなるので、大勢の前で分かりやすく上手に教える技術も物を言うでしょう。ですから、プレゼンテーションのスキルを伸ばすことはとても大事で、上手に論文発表をする人などをよくチェックして、自分にも良い点を取り入れたいものです。

学校への薬学生の就職はどのようにできるのでしょうか。各自治体により多少の差はありますが、教育委員会からその自治体管轄の薬剤師会へ要請が行われます。その後、その求人に応募した所属会員の中から選ばれ、学校薬剤師となることができます。ですから、薬学生であれば、薬剤師の資格を取ることはもちろん、地元の薬剤師会に所属してキャリアを積むことが求められることが多くなります。ただ、これは自治体によって異なるので、全国の薬剤師求人情報から探してみると、私立の学校などを中心に通常とは異なる募集が出ることもあるので、こまめなチェックが欠かせません。

学校への薬学生の就職でポイントと言えるのが、これまで学校薬剤師を派遣したことがある薬局や企業に一旦入る、ということです。信頼のある会社に勤めるなら、薬剤師会からの推薦に通りやすくなるため、この職場を目指すなら、重要な選択肢です。また、学校薬剤師は1年契約が多いので、契約が終わったら、また職場に復帰する、もしくはそのまま掛け持ちで行う必要があります。そうした希望を受け入れてくれる会社を選ぶことも大事です。そのためにも、企業の細かい情報を提供している就職サイトを、しっかりとチェックすることは大事です。最初の職場選びが将来を決めることにもなるので、丁寧に情報収集して就職活動をしましょう。

薬学生就職サイトランキング!口コミ1位はこのサイトだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

薬学生の大半が登録する就職サイトランキング・2位以降はコチラ>>



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬学生求人・就職ランキング【※薬学生人気1位の就職サイトの紹介】 All Rights Reserved.