大学病院への薬学生の就職

大学病院への薬学生の就職

大学病院への薬学生の就職は、最先端の医療に接して仕事ができる、という理由から注目の分野です。薬の飲み合わせチェックなどのため、医師と協力して投薬を管理することはもちろん、医学研究の一端を担う仕事をすることもあり、とてもやりがいのある仕事と言えます。

一般の病院では設備や医療技術の問題で治療を受けられない、という人が訪れるのが大学病院。それだけ、最新設備と優秀な医療スタッフが集まっている証拠でもあります。その環境で働くわけですから、当然薬剤師としても大きな責任が委ねられると言えます。難しい症例や、原因不明の病気を抱える患者さんの治療に当たることも多く、その際には服薬における微妙なコントロールが、治療の成否を分けることも多く生じます。ですから、大学病院への薬学生の就職には高い薬学知識に加え、適切な対応能力が求められることは言うまでもありません。素早い判断力や、全身の症状から総合的に原因や対応策を考える力は、日頃の勉強と自己鍛錬によって得ることができますので、様々な症状をシミュレーションする訓練を積むのは大事です。

また、大学病院では、臨床試験や新薬の研究と開発を行います。その分野においても薬剤師の働きはとても重要です。製薬会社との密なコミュニケーションを取りながら、データを細かく分析し、改良していくこと、投与する患者さんの状態をこまめに把握し、小さな変化を見逃さないこと、など多岐に亘る働きがあります。そのため、情報の分析能力のみならず、製薬会社と勤務先である病院、そして患者さんをうまく橋渡しできるような、細かな配慮ができる資質を身につけられるよう努力しましょう。研究に関わった薬や治療法が、多くの人に希望を与えるのを見られるのは、本当に報われる仕事となるでしょう。

大学病院で働くことのメリットの一つとして、様々な分野のスペシャリストと密に接触できる、ということです。一般の病院であれば、いわゆる出入りの企業の人としか会う機会はありませんが、研究機関でもある大学病院には、医療メーカー、製薬会社を始め、様々な人が出入りします。また、他の大学との交流や行政機関からの派遣などもあり、実に幅広い人脈を作れるのも魅力です。そして、そこから学べる知識や経験は生涯の宝になるに違いありません。このように、大学病院への薬学生の就職は、最先端の医療に通じることになりますし、研究開発の分野にも携わることができるなど、自分を成長させるのに素晴らしい機会になることでしょう。

薬学生就職サイトランキング!口コミ1位はこのサイトだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

薬学生の大半が登録する就職サイトランキング・2位以降はコチラ>>



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬学生求人・就職ランキング【※薬学生人気1位の就職サイトの紹介】 All Rights Reserved.