CROへの薬学生の就職

CROへの薬学生の就職

CROへの薬学生の就職は、これからさらに需要が増える分野として注目が集まっています。CROとは、製薬会社の治験を代理で行う企業もしくは機関のことです。

従来であれば、製薬会社が新薬の研究開発から、臨床試験をする病院選定、治験の実際、データ解析など全てを行っていましたが、業務内容が膨大で複雑なことから、治験に関する業務を切り離して、コストダウンを図るようになっています。その業務を代理で行うのが、CROです。製薬会社と病院、患者さんの間に立って、治験をスムーズに行うようサポートするのです。

主な業務としては、製薬会社が治験したい薬を見てどの医療機関で実施するかを選定することから始まります。各大学病院などによって得意分野や患者さんの分布が異なりますので、それぞれに合った選定が重要となります。その後は、病院関係者や患者さんのもとを訪れて、治験に参加してくれるように要請します。その際には、新薬がどんな効果をもたらすのか、副作用はどんなものか、など細かな点まで説明する必要があります。医療従事者であるプロフェッショナルと、専門知識のない患者さんにも納得のいく説明をするわけですから、高いプレゼンテーション能力が求められるのは言うまでもありません。ですから、CROへの薬学生の就職活動の際にも、自己ピーアールの仕方には注意を払って、自信を持ちつつも、感情を害さないようなバランスの良さを心がけたいものです。

さらに、CROの仕事では、治験がうまくいっているかを観察することと、データをしっかり取って管理することも重要な業務です。そのために、理路整然と仕事を行っていける人や、地道にこつこつ働ける人が向いている職場と言えます。また、データを取った後の解析や結果報告も、新薬が承認されるかどうかの大事なステップですので、力が試される機会となります。細かなデータを読み取って、それをアピールポイントまたは改善点として明確に示すことが求められますので、CROへの薬学生の就職活動の際にも、自分が行った研究成果などを論理的に分かりやすく説明するなら、良い自己PRとなるでしょう。

大学病院の教授を始めとして、その道の経験豊富なプロフェッショナルと渡り合って仕事をしていくわけですから、気後れしない性格が有利と見られます。面接の時には、面接担当官がわざと難しいテーマで話したりするなどして、その対応の仕方を見ようとするかもしれません。その際にも慌てることがないよう、事前に予行演習を重ねて、たとえ正しい答えが出せなくても、スムーズに受け答えができるように心構えをしておくと良いでしょう。

薬学生就職サイトランキング!口コミ1位はこのサイトだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

薬学生の大半が登録する就職サイトランキング・2位以降はコチラ>>



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬学生求人・就職ランキング【※薬学生人気1位の就職サイトの紹介】 All Rights Reserved.