調剤薬局への薬学生の就職

調剤薬局への薬学生の就職

数ある選択肢の中でも、調剤薬局への薬学生の就職はダントツに多くなっています。というのも、調剤薬局と一口に言っても、たくさんの条件や環境のバリエーションがあり、それぞれの希望に合った職場を見つけやすいからです。

まず、大手の企業を選ぶか、中小規模の会社を選ぶかによって大きな違いが生まれます。一般の企業事情であれば、大手の方が給料も待遇も良く、より多くの人が志望するのが普通です。しかし、調剤薬局への薬学生の就職事情となると、少し異なります。この業界では、一般的に大手調剤薬局より中小の方が給料が高い傾向があるからです。また、転勤や人事異動が中小には少ない、もしくは全くないため、安定して仕事がしたい、という人には向いています。しかし、大手は充実した研修制度がありますし、様々なビジネスモデルを持っていますので、変化のある仕事がしたい、という人にはこちらが合っているでしょう。

どちらの場合でも、患者さんとの接客が大事な業務となることには変わりはありません。そのため、明るく積極的な印象を与えられるようなコミュニケーションの仕方がとても大事です。また、地元の人や高齢者の方などは、相談に乗ってもらいたかったり、話を聞いてもらいたかったり、と実際の調剤に関すること以外の話題を好みます。そのため、患者さんの話をよく聞いて、心の支えにもなれるような温かい人柄が求められるでしょう。

さらに、調剤薬局の大事な役割の一つは、患者さんの薬の使用状況や体調を把握して、飲み合わせなどに注意する、ということもあります。そのため、病院から出された処方箋に機械的に合わせるだけでなく、一人一人のアレルギーや使用歴などを見ていく必要があり、細かな気遣いが大事な資質となってきます。調剤薬局への薬学生の就職で必要になるのは、このように接客における印象の良さや、患者さんに合わせたケアということになります。

その他にも、ひっきりなしに患者さんの来店がある上、体調が優れない中来ていますので、テキパキと調剤し、負担をかけないような仕事ぶりが必要となります。そのためにも、パソコン入力などの事務職をスピーディに行えるようにしているなら、大きな助けになるでしょう。また、薬などをしっかりと整理整頓して、保管場所を覚えやすいようにしておき、すぐに取り出せるようにしておくことも大事な業務です。日頃から効率の良い仕事の仕方を考えて、テキパキと動けるように心がけるのも、調剤薬局への薬学生の就職には大事なポイントです。

薬学生就職サイトランキング!口コミ1位はこのサイトだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

薬学生の大半が登録する就職サイトランキング・2位以降はコチラ>>



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬学生求人・就職ランキング【※薬学生人気1位の就職サイトの紹介】 All Rights Reserved.