薬学生の勉強

薬学生の勉強

薬剤師は薬の調剤や供給、医薬品の管理、薬事衛生などを通して人の健康を守る薬のスペシャリストです。薬剤師になるには薬科大学や大学の薬学部で薬の専門的な知識を中心に薬物療法や臨床、公衆衛生、薬事法、生命倫理などの学問を幅広く学び、年次を重ねるごとに座学に加えて様々な実験、病院や薬局での演習・実習を行い、薬剤師としての専門性を深めていきます。薬学生の集大成は、厚生労働省管轄の薬剤師国家試験に合格し薬剤師としてのスタートを切ること。薬学生の勉強はその目標に向かって日々積み上げられています。

 平成18年4月から薬学教育は、医療の高度化や医薬分業の進展という社会的背景を踏まえて4年制から6年制へと移行されました。6年制の薬学教育では、専門教科や実務実習の充実が図られ高い専門性とスキル、医療人・薬剤師としての倫理観や人間性の習得も目的とされています。 特に薬学生の6年制教育においては、臨床に関わる実践的能力を培うため、病院及び薬局において各10週間程度の実務実習が義務付けられています。患者さん、医療従事者、薬学生の安全を充分に考慮・保障し医療の最前線で、できる限り薬学生が参加型で行うことができる実習を基本とし、現場では薬学教育が6年制となったことにより、実践的な知識やスキルを身に付けた薬剤師への期待も高まっているようです。

 実際の薬学生の勉強は薬剤師国家資格取得を目指した6年間になるため、決してラクな道ではなさそうです。薬という人の生命に関わる分野でもあるため、知識や技能習得に相応の責務が付くことは必須です。それでも薬学生1年次は生物、化学、物理、薬学などの基礎や教養科目が中心なため、実験がない日などはバイトやサークルなど自分の時間を持つ余裕があります。2年次以降になると基礎や教養は終了しほとんどが薬の作用性や副作用など専門科目が中心です。調剤や薬物療法など臨床分野の勉強も多くなります。実験実習も毎日のようにあるため、レポートの提出や予習・復習など学校外での勉強も必要です。実験実習は机上の理論を実証する大切な勉強の一つですが、居残り、失敗、やり直しなど体力や集中力を要す、薬学生の辛い部分でもあります。5,6年次になると病院や薬局での実務実習があり、卒論と国家試験対策で6年間の修学が終了していきます。

 大学では健康や生活に役立つ勉強、自分の興味が分野の勉強もありますが、薬の名前を100個覚えたり、化学構造式を頭に叩き込まなければならないなど、薬学生の勉強は概して内容・ボリュームともにハードなことは確かなようです。

薬学生就職サイトランキング!口コミ1位はこのサイトだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

薬学生の大半が登録する就職サイトランキング・2位以降はコチラ>>



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬学生求人・就職ランキング【※薬学生人気1位の就職サイトの紹介】 All Rights Reserved.