薬学生のアルバイト

薬学生のアルバイト

薬剤師は薬の調剤や供給、医薬品の管理、薬事衛生などを通して人の健康を守る薬のスペシャリストです。病院や調剤薬局をはじめ、製薬会社、化粧品や食品の製造販売を行うメーカー、薬や化学品の研究機関、治験会社、公務員として厚生労働省をはじめとする行政機関など活躍できるフィールドが広く、チーム医療や新薬開発の分野では特に薬剤師の存在意義が重要視されてきていることから、努力次第では将来性が見込める社会貢献度の高い仕事でもあります。

薬剤師になるには薬科大学や大学の薬学部で6年間、薬の専門的な知識を中心に薬物療法、公衆衛生、薬事法、生命倫理などの学問を幅広く学びます。また生物、化学、物理の基本的な実験から、たんぱく質の構造決定、人口甘味料や喘息薬の製造、マウスやウサギを使った薬物試験など応用的な実験まで様々な実験実習が多いのも薬学生の特徴です。実験実習は机上の理論を実証する大切な勉強の一つですが、一般的には午後に授業があり決まった時間に終了できるわけではありません。実験が上手く行かない、求める結果が得られない場合には夜の6時、8時を回ってもできるまで実験を繰り返さなければならず、帰る時間が読めない辛い部分もあります。 そのため薬学生は土日を中心に不定期にアルバイトをしている人が多いようです。

 薬学部は私立大学の場合だと学費も高く6年間修学をしなければならないため、実験実習、レポート、講義の予習・復習など勉強の忙しい合間をぬってアルバイトをしている学生も多く見られます。また実際に社会に出る前できる社会勉強としてチャレンジするのも学生の醍醐味です。  授業や勉強に忙しい薬学生の間で多いのは、家庭教師のアルバイトのようです。飲食店や販売のアルバイトに比べて時給が高く、講義スケジュールに合わせて都合の良い日を選択できる点が人気です。また時給はそこそこでも「まかない」や「廃棄前のお弁当」をねらってあえて飲食店やコンビニでアルバイトに励む学生もいるようです。

さらに薬学生の場合、調剤薬局でのアルバイト需要が多くあるようです。基本的には調剤補助が主な仕事になり、調剤薬局の場合、空いている時間だけ、または都合の良い日を調整、実験実習で仕事に遅れても薬学生の日常に理解を示してくれるなど薬学生に優しいアルバイト先のひとつです。調剤薬局でのアルバイトは学生の早い時期から実際の仕事に近い現場で経験を積むことができそうです。

薬学生就職サイトランキング!口コミ1位はこのサイトだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

薬学生の大半が登録する就職サイトランキング・2位以降はコチラ>>



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬学生求人・就職ランキング【※薬学生人気1位の就職サイトの紹介】 All Rights Reserved.