薬学部6年制の卒業後の進路

薬学部6年制の卒業後の進路

平成18年4月から薬学教育は、医療の高度化や医薬分業の進展という社会的背景を踏まえて4年制から6年制へと移行されました。6年制の薬学教育では、薬学・臨床における専門教科や実務実習の充実が図られより高い薬剤師としての専門性と技能、医療人・薬剤師としての倫理観や人間性の習得も目的とされています。 特に薬学生の6年制教育においては、臨床に関わる実践的能力を培うため、病院及び薬局において各11週間程度の実務実習が義務付けられています。4年制の薬学教育にはなかった実践的教育を受けた薬剤師が社会に輩出されるということで、現場では即戦力となる知識やスキルを身に付けた6年制薬剤師デビューへの期待が高まっているようです。

6年制薬学教育の成果はその10年後に現われてくると言われており、近々の6年制薬学生の進路が大幅に変化することは考え難いところにあります。従来どおり調剤薬局への就職が大半を占め、病院勤務への人気・希望が高い傾向が考えられます。製薬会社、化学品・化粧品・食品を製造販売するメーカー、医薬臨床の研究機関、公務員特別職など選択肢が狭まる可能性もありません。但し、登録者販売制度が施行されドラッグストアにおける薬剤師の必要性が弱まるため、薬剤師の主な就職先ともなっていた選択肢が縮小することは否めません。また、6年制となったことで大学院進学率も低くなり就職希望者が増える可能性はありそうです。

薬学教育が6年制に移行したことによる進路の変化・影響もさることながら、社会全体の動向や新たに突出しくる市場ニーズが、今後は薬学生の進路を左右するかもしれません介護、福祉、育児、漢方、サプリメントなど社会の健康トレンドには常にアンテナを張る必要があるでしょう。 特に最近は薬物療法が飛躍的に進展し、新薬開発の一端を担う治験や臨床試験における薬剤師の重要度、存在意義が高まっています。CRA(治験モニター)、CRC(治験コーディネーター)、DM(治験データマネジメント)などの職種は薬学の知識や臨床の経験に加えて、他の医療従事者と連携したワークが必要なポジションであるため、薬剤師ニーズが強く薬剤師の新たな職域となって行きそうです。

 さらに時代のツールを使い様々な分野に薬剤師知識を活かした仕事もあります。例えば医薬品の市場開拓や開発を企画提案するマーケティングやコンサルティングの仕事、医薬品や医療技術など海外の英語文献を翻訳する仕事、医薬コンテンツの執筆を手掛けるライターとしての仕事など本来の職務とはかけ離れたところでも、薬学の知識を活かした仕事が増えています。

薬学生就職サイトランキング!口コミ1位はこのサイトだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

薬学生の大半が登録する就職サイトランキング・2位以降はコチラ>>



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬学生求人・就職ランキング【※薬学生人気1位の就職サイトの紹介】 All Rights Reserved.